20200913

なごや環境大学「秋野菜の種まきと看板アートつくり」 

 

2020年9月12日

秋野菜の種まきと看板アートつくり」を開催しました。
悪天候が続いていましたが、今日は晴れ!
彼岸花も咲き、秋はもうすぐ。

えこどもの歌を歌い、野外トイレの説明。
土を掘り、用を足したら土をかぶせて自然に還す、
「いたどりの葉っぱやよもぎで拭くといいよ~」
自然採食研究家の保育者が「いたどり」の葉っぱは痛みを取るから「いたどり」という名前だと教えてくれました。なるほど!

今日はこんなことをするよとゆう紙芝居を読んでから、
それぞれお椀にいろんな秋野菜の種を入れてもらい、栄養たくさんふかふかの土の上で、
「どこに撒いたらいいですか~」とダウジングしながら種を撒く場所を決めます。
場所が決まったら種を巻き、その上から草をかぶせます。
芽がでる日が楽しみだね。

そして種を撒いた場所に看板を立て、看板アートの始まり。
好きな色で思い思いの絵を描いていきます。
それぞれ個性溢れる素敵な看板ができあがりました!

次回は11月7日(土) 9:30~11:00
「裸足で畑で運動会」
 運動会でも競争はありません。こどももおとなも泥にまみれて思い切り身体を動かそう!

えこども なお

20200718

なごや環境大学共育講座 梅雨の森遊び

2020年6月27日
なごや環境大学共育講座「梅雨の森遊び」を開催しました。

真夏日のこの日、気温がぐんぐん上がる中いざ森へ。森の中は空気がひんやりしていてとっても涼しい!どんな生き物に出会えるかな?みんな期待が膨らみます。

森の入り口では講師が石鹸になる木の実を紹介。木の実を手でつぶしてゴシゴシするとだんだん泡立ってきました。昔の人はこれを石鹸代わりに使っていたのだとか。一口かじったお母さんは何とも渋い顔。「うぅ~えぐい!」えぐいが語源となってえごの実というのだそうです。

ここからはたったか歩ける大きい子チームとよちよち歩きの小さい子チームに分かれて講座を進めます。


小さい子チームは笹を見つけて笹船流し、笹の新芽はタケノコの味。笹キャンディーは子ども達に大好評でした。前日の雨でぬかるんだ道は絶好の泥遊びスポットに。躊躇なく泥遊びを堪能する子どもたちに思わず大人も裸足になって楽しみました。「泥の中を歩くなんて普段できない経験が出来た。」とお父さん。

大きい子チームは面白いものを探しにぐんぐん奥へ進みます。綺麗な色のきのこ発見!思わず触りたくなってしまうけれどこれは「キイボカサタケ」という毒きのこ。綺麗な色にはご用心、森のルールを学びました。他にもニホンリスやムササビに出会えた子もいたそうですよ。

梅雨の森は想像以上に楽しい出会いがあり、日本の四季のすばらしさや自然の豊かさを改めて感じる講座となりました。ご参加いただいた皆様どうもありがとうございました。

次回は7月24日「りす山ナイトハイキング」
夜の東谷山ではどんな生き物が待っているかな?ご参加お待ちしております。
https://facebook.com/events/s/%E3%82%8A%E3%81%99%E5%B1%B1%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AF/704901563408770/?ti=icl

えこども さちこ






20200704

なごや環境大学の講座「植樹と虫刺されチンキ作り」

2020年6月13日
なごや環境大学の講座「植樹と虫刺されチンキ作り」を開催しました。

コロナウイルス感染症にともない4月5月は延期となり、今年度はじめての講座でした。
4月25日に開催予定だった講座を、コロナウイルス感染症対策をしっかりした上で開催しました。

雨が降ったり止んだりのお天気の中、大人も子どもも程よい距離をとり、えこどもの歌を歌いながらはじまりました♫

まず、くるみの植樹。
20年後の森をイメージしながら植樹しよう、との講師の言葉に大人は目がキラキラ。
雨のおかげで土は柔らかくなり掘りやすく、
子どもたちも小さいショベルで一生懸命掘っていましたよ。
ちょうど雨も止み、着ているカッパがあつくて脱ぐ人も。
30センチ以上の穴を掘り木を植えたら、近くの沢に水を汲みに行きます。
小さいバケツをバランスよく運ぶ子どもたち!
ついつい大人が持ってあげたくなるけれど、ちゃんと自分で運べるよ!
大きい子が小さい子の運ぶのを邪魔しないようによけていて、なんて素敵!!

さて、お次はオリジナルチンキ作り。
カキドオシ、ヨモギ、ドクダミ、ビワ・・・
講師が毒草との見分け方を丁寧に教えます。
洗ってキッチンペーパーで拭き、それぞれのビンに野草を詰めます。
ヨモギだけの人、いろんな野草を詰める人、みんなそれぞれ。
子どもたちもいっぱい詰めて、
それにアルコールをひたひたまで入れて、完成⭐︎
2〜3ヶ月ほど置いたらオリジナルチンキの出来上がりです。

足元の悪い中、お越しいただきありがとうございました。
無事に楽しく終わりホッとしました。

えこども 菜海




20200528

6/27 [講座]雨でも森へ行こう 梅雨の森遊び

‪6/27(土) 9:30-11:00‬

‪「雨でも森へ行こう 梅雨の森遊び」

‪ 子どもは水たまりや泥が大好き!屋内に引きこもりがちな梅雨の時期にあえて森へ繰り出します。大人も子どもも一緒になって森遊びを楽しみましょう!‬
‪会場:東谷山(名古屋市守山区)‬
‪受講料:500円(1歳から受講料がかかります。)‬
‪定員:20名‬
‪講師:岩田美那子(保育士、美術家)、小嶋康亮(自然採食研究家、子育て支援員)‬


●受付方法
メールにて先着順で受け付けます。
件名を「環境大学予約」とし、1.参加希望日 2.参加者全員の名前 3.お子さんの年齢(何歳何ヶ月) 4.携帯番号 5.メールアドレスを、ecodomohiroba@gmail.com
までお送りください。



○なごや環境大学○
リス山遊び
季節を感じる自然体験をしよう!
主催:NPO法人えこども
りす山の保育農園 父母会



なごや環境大学のHP
リス山遊び
季節を感じる自然体験をしよう!
https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza20s/B-20.html

https://www.n-kd.jp/calendar/pickup/200312.html



●えこどもの感染症対策について

*講師やスタッフに発熱、せきなどの風邪症状等がある場合は、接触していない講師、スタッフで開催または、延期します。
*参加者に体調不良時の受講は見合わせる旨ご案内をします。

●開催当日
【スタッフ・参加者の検温】
 講座準備、並びに受講のため会場内に入る際は、事前に体温を測定し、受付時に申告。測り忘れた方は受付で測定・申告。37.5 度以上の方は立ち入りをご遠慮いただく。体温計に関しては使用の都度、アルコールにて消毒。

【手洗い、咳エチケット等の徹底】
 開始前に、スタッフ・参加者は手洗い・うがい。マスク着用。咳エチケットを徹底する。

【アルコール消毒】
 不特定多数がさわるドアノブ、柵、水栓、イス等のアルコール消毒 。開始前に、スタッフ・参加者にアルコールによる手指消毒を実施。アルコールが苦手な方には、次亜塩素酸水による手指消毒を実施。

【健康状態の確認】
 入場前にスタッフ、参加者の健康確認(発熱・せき等の症状の有無)を確認。

【三密(密閉・密集・密接)空間の回避】
 雨でも野外で開催します。
参加者(スタッフ除く)定員を20名及び30名の所10名とします。
参加者3名ずつのグループに分かれて活動し、講師がグループを回って解説を行う。
フィールドを広く活用し接触しないルートを考えます。

ご質問などございましたらお気軽にどうぞ。

6/13[講座]植樹と虫刺されチンキ作り

6/13(土) 9:30-11:00
「植樹と虫刺されチンキ作り」


クルミ又は、お茶の木のこぼれ若木の移植をし、子どもが楽しめ、様々な生き物がやって来る森を作ります。
ドクダミ、ヘビイチゴ、枇杷の葉の虫刺されチンキづくりをします。
各自空き瓶を持ってきて、詰めるだけで子どもでも簡単です。

会場:東谷山(名古屋市守山区)
受講料:500円(1歳から受講料がかかります。)
定員:10名
講師:岩田美那子(保育士、美術家)、小嶋康亮(自然採食研究家、子育て支援員)


●受付方法
メールにて先着順で受け付けます。
件名を「環境大学予約」とし、1.参加希望日 2.参加者全員の名前 3.お子さんの年齢(何歳何ヶ月) 4.携帯番号 5.メールアドレスを、ecodomohiroba@gmail.com
までお送りください。





○なごや環境大学○
リス山遊び
季節を感じる自然体験をしよう!
主催:NPO法人えこども
りす山の保育農園 父母会


なごや環境大学のHP
リス山遊び
季節を感じる自然体験をしよう!
https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza20s/B-20.html

https://www.n-kd.jp/calendar/pickup/200312.html



●えこどもの感染症対策について

*講師やスタッフに発熱、せきなどの風邪症状等がある場合は、接触していない講師、スタッフで開催または、延期します。
*参加者に体調不良時の受講は見合わせる旨ご案内をします。

●開催当日
【スタッフ・参加者の検温】
 講座準備、並びに受講のため会場内に入る際は、事前に体温を測定し、受付時に申告。測り忘れた方は受付で測定・申告。37.5 度以上の方は立ち入りをご遠慮いただく。体温計に関しては使用の都度、アルコールにて消毒。

【手洗い、咳エチケット等の徹底】
 開始前に、スタッフ・参加者は手洗い・うがい。マスク着用。咳エチケットを徹底する。

【アルコール消毒】
 不特定多数がさわるドアノブ、柵、水栓、イス等のアルコール消毒 。開始前に、スタッフ・参加者にアルコールによる手指消毒を実施。アルコールが苦手な方には、次亜塩素酸水による手指消毒を実施。

【健康状態の確認】
 入場前にスタッフ、参加者の健康確認(発熱・せき等の症状の有無)を確認。

【三密(密閉・密集・密接)空間の回避】
 雨でも野外で開催します。
参加者(スタッフ除く)定員を20名及び30名の所10名とします。
参加者3名ずつのグループに分かれて活動し、講師がグループを回って解説を行う。
フィールドを広く活用し接触しないルートを考えます。

ご質問などございましたらお気軽にどうぞ。