20171208

11月19日(日)保育付き!特技を活かして続ける。子育て支援者養成講座⑤「こどもぱんつづくり」講師:大安千恵(布小物kireiroメンバー)

温かな日差しの降り注ぐ11月の日曜、
子育て支援者養成講座第5回「こどもぱんつづくり」が行われました。





今回の講師の大安千恵さんは、「布小物kireiro」というお二人で活動されている手作りユニットのメンバーです。マルシェなどでの販売活動をされています。
kireiro では、千恵さんのセンスが存分にちりばめられた布小物たちが作り出されています。
kireiroの活動は、千恵さんが出産されてから始められたということ。
えこどもでも、子どもたちやお母さんに、ものづくりの企画して頂いたり、広場にスタッフとして入っていただいたりと、まさしく「自分らしい生き方を表現しながら子育て支援をする方」です。



参加者のみなさんにも得意な事や、いま、夢中になっている事などを織り交ぜながら、それぞれ自己紹介をして頂きました。
「お部屋をどのように片付けるかということに興味があり、いろいろ調べています。」





「和裁を少し習っていました。子どものものは手作りしたいけどなかなか時間がとれない」
などなど。
それぞれの思いをお話いただき、場が和んだ所で、千恵さんからの問いかけに。



「手」のつく言葉はどんなものを思い浮かべますか?
「手しごと」「手が入る」「手が切れる」「手を回す」「手を結ぶ」「手に入れる」など...






こうやって聞いてみると「手」が使われている言葉は様々ありますね。



続いて、「ねがい」「いのり」
どちらがすきですか?




うーんと、みなさん考えながら意見をだしてくださいました。
実は「ねがい」「いのり」を漢字に充ててみると、
ねがい は、「根我い」根底が我ということ、自分の叶えたい思いであること
に対し、いのり は「意乗り」意が乗ること、つまり「神さまの御意と波長を合わせ、そこに乗り合わせること」が、本当に通じる「祈り」。
相手を想い、言葉や物にお守りの気持ちを乘せることができるという捉え方をして
想い()を物に乘せることができるのは、日本の心の「手」を使うことと話されました。


その流れで、日本の母たちが、邪気を払うといわれる「目」としてのさまざまな模様を 一目一目縫い付けた「背まもり」の紹介をされました。





模様にも色にも意味があること、言葉を使わなくても縫われた模様を見るだけで、
想いは伝わり、身につけることで、子にとってお守りになり、母にとっても縫ったことがお守りとなります。



私は知りませんでした。



千恵さんは話されます。日本には 手を使う言葉やことわざが、探すと1000以上もあること。
職人が手を使った仕事の報酬としてもらった「手当」などのお金の意。「手を結ぶ」「手をかす」などの人間関係の意。「手引」「手習い」などの学ぶ意。「手当て」「手土産」「手紙」など丁寧に心を使う意。日本人はなにかをはじめるとき、「手始め」といいますが。海外ではファーストステップ。日本人は手を使う民俗だったので、きっと手仕事は、みなさんワクワクしてくるでしょう~と。





ぱんつづくりに取りかかります。
千恵さんが既に布を裁断し、折り目にアイロンをかけていて下さっていたので、糸を選んで縫うことに注力できます。
   そこから、紐と本体を好きな組み合わせで選んでもらいます。
どれも可愛いので、皆さん迷われます。でも、これも楽しい時間。


履いてもらう子に選んでもらったり。
そして、一針一針思いを込めて少しづつ。ちくちく。






子どもたちは保育者と手遊びや絵本を楽しんでいました。






お母さんたちの集中した時間、みんな手はちくちく、時々雑談をし、笑いあいながら、とてもリラックスした表情。
最初は緊張していたお母さんも、お子さんの名前の由来をお話頂いたりして、ゆるゆると表情が緩んでいきました。
そこはまるでサロンのようでした。









今回の講座では、一つの輪ができたように感じました。
同じ釜の飯を食べるような、手を動かしながらおしゃべりながらする事はなんだか不思議と似ていました。



アンケートに「支援者」に興味はあるが、今までイメージできなかったのですが、今回、活動のイメージできました。と嬉しい言葉がありました。
お話しながら、手をうごかしながらと、いろいろ交ざりあいながらの動きこそ忙しいお母さんの気持ちを和ませるのかもしれません。
緊張と緩和と同時に。
子どもが泣いても、あやしながら他の子のパンツを変えたり、掃除しながらわらべ歌を歌ったり。同時にいろんな事がおこってもきっと大丈夫!と思えそうです。



千恵さんに講座のことについて後日談を 伺いました。
「私は裁縫も苦手、料理も苦手でしたが、裁縫が手当をいただくほどになって料理も調味料からつくりたくなるほど興味がわいたのは、出会ってきた母仲間のおかげさまで。母仲間に出会えたのは、娘のおかげさまさま。娘のおかげで母になれて、
裸でいろいろなしとげていく子の育ちをみて、なんでもチャレンジする心ももらえています。母たちがそれぞれ得意なことをみんなですることで、苦手意識があった人もできる、楽しいに変わり、時間がなくてできなかったことも、母たちが集まれば、育児し合いながらできること。楽しさを知れば、また誰かに伝えたくなり、子にも伝えたくなり・・と、そんな循環を想い描きながら講座させていただきました!」

自分らしく輝く、千恵さんの支援者としての佇まいを見せていただいた一日でした。


えこども まさみ(写真、レポート)



20171201

2017年11月11日(土)「くう・ねる・のぐそ」講師:伊沢正名さん(糞土師)スライドレクチャー&フィールドワーク


えこども広場特別講座のゲストとして、糞土師(ふんどし)の伊沢正名さんが来られました。




午前中 スライドレクチャー、お昼 えこども式の持ち寄りランチを 伊沢先生と共にとり、午後の部は、東谷山を中腹くらいまで登っての 野糞に適した葉っぱを探すフィールドワークを行いました。
私は、リス山の保育園に通う子の父親ですが、のぐその話と聞いて、もともと おむつなしの育児を進めていた リス山の保育園でしたから、そこでつながるのかと漠然と捉えていました。しかし、伊沢先生のお話は育児のことに限らない、現代の社会が忘却している課題でした。
キノコ写真家として活動されてきた 伊沢先生は、「人々は、このキノコが食べられるかどうかばかりを聞く。」と、落胆されたと言います。
キノコが育つために、動物の うんこが必要であると伊沢先生はスライドをあげられました。
水コケが うんこをしている美しい写真があり、そのうんこはなんと酸素でした。
「現代は、うんこ の処理のため、重油や電気まで使って燃やしている。コンクリートの混ぜもの程度にしか活用できていなかったなんて!」
この状況に、我々が行えること、自然に返せることは「野糞をすることである」と、伊沢先生は続けます。
スライドレクチャー時には、聴講者から様々な質問があがりました。
「みんなが野糞をしたら、土地が足りないのではないか?」
「野糞には菌があって、汚いのではないか?」
先生は全て明解に答えられていました。

ランチの様子をご覧下さい。持ち寄りでみなさん色とりどりのごはんをお持ち下さいました。伊沢先生とおしゃべりしながらのランチです。






「自然に返せるのは うんこ だけ。」という言葉を聞いたとき、私は 思わず可笑しくなってしまいます。その微笑ましさは、どこから来るかというと、どこまでも突き抜けたシンプルな明解さではないかと感じられました。午後の部では、伊沢先生が愛用されている葉っぱ現物を紹介していただき、実際に山を歩きながら個々にお話を頂きました。最後には 野糞の方法、土の掘り方、足の開き方、誰かに見られたときなどから、災害時にトイレが使えなくなったときに、必要な能力や認識であることに話はわたりました。

午後のフィールドワークの様子です。







実際におしりふきに適した葉を触ってみます。







キノコだって!


今度は山へ葉っぱやこけを探しに出かけます。
















そして畑で正しいのぐその仕方をご披露頂きました!














サイン会も大盛況!




伊沢先生が糞土師として このように活動されているのは、すぐに社会を変えるようなものではなく、一人ずつ意識を変えていくような、草の根運動であると思います。しかし、誰もが うんこは しているわけで、言い逃れのできない命題ですから、それぞれが腹に据えて意識することになります。現代人が忘れてきたものなどという言い方は、もはや常套句になってしましたが、本当に うんこ の存在に現代人は 蓋をして、忘れてようとしているようです。
伊沢先生の著書に「糞」の漢字語源についての記述がありました。米に田に共 と書く。食物を生み出す田に入れるものと、昔、うんこは 認識されていました。
後日談ですが、私は 翌朝の早くに、家の庭で野糞をしました。葉っぱは、家庭菜園で育てている あずきの葉を数枚とりました。なかなか難しいもので、時間がかかってしまい、情けない気持ちになりました。それから、トイレでうんこをする度に、社会はどう変わるべきかという罪悪感をかき消しながら流しています。
レポート:村田仁
写真:えこども まさみ(途中少し、村田仁)